発電量の多いパネル

太陽光発電

高性能ながら低価格

太陽光パネルは太陽の力が強いほど発電量が多くなると考える人が多いですが、実際には太陽光発電のパネルに使われている結晶シリコンは熱に弱く、真夏の発電量は多くありません。パナソニックの太陽光発電パネルは熱に強いアモルファスシリコンで結晶シリコンを挟み込むことによって熱に強く、発電量の多い太陽光発電パネルを開発しました。パナソニックのパネルは発電量の目安になる変換効率が国内メーカーのトップクラスの19%を超えているため、小さな屋根面積でも大きな発電ができると評判になっています。パナソニックは傘下に住宅メーカーを抱えているため、様々な屋根のスタイルに対応したパネルを開発していて、屋根の形状に関わらずに効率の良い太陽光発電を設置することができます。パナソニックの太陽光発電の特筆すべき点は発電量だけではなく、長期間の保証にもあります。ほとんどのメーカーの無料保証期間は10年でメーカーによっては有償保証で15年とできることはあります。パナソニックでは無料保証期間が最初から15年となり、住宅用の太陽光発電では最も高い人気を誇るようになりました。パナソニックの太陽光発電は高性能で長い補償期間のため、価格が高いと思う人が多いですが、発電量あたりの価格で考えると他メーカーより安くなることが多く、海外製のパネルを使っているメーカーはパネル料金の価格が安定していませんが、パナソニックの国産パネルはいつでも適正価格で購入することができるメリットもあります。